九谷焼:色絵片口D・正木春

正木春蔵さんの片口は、のびやかな印象がプラスされ。一点ずつ個性が豊かです。

唐津焼:朝鮮唐津片口酒器・中村恵子

「口切れがよく、片手でよくなじみ注ぎやすいもの、と・・・」

白磁:白磁手付片口・水野克俊

「水野さんの作品は薄くて美しく丈夫に出来ているのはこの過程を経て初めて実現するものなのです。」

信楽焼:信楽片口・辻村塊

常温、あるいは、きりっと冷えた日本酒をしっとりと受けとめてくれます。

染付吹墨月に兎7.5寸皿・阪東晃司

月夜に一献 「お月見です。という文様のお皿です。」