漆器・輪島塗: 黒七尾椀・蕪文・奥田志郎・山本哲《合鹿椀》

ぼんやり眺めていると、七尾椀で蕪の雑炊をいただきたくなりました。

伊賀焼:雅造蓮弁刻紋様碗・福森雅武

「大らかな見込みはふんわりと中のものを受けとめてくれます。」