赤絵雀文汲出・浅・古川章蔵

赤絵雀文汲出・浅・古川章蔵

雀は鳳凰のヒナであるという言い伝えがあるそうです。

今日から「啓蟄」。

「啓蟄」は冬ごもりの虫が土中から出でくる頃のこと。
ひと雨ごとに暖かく、日も長くなっていきます。
うかうかしていると、桜が咲き始めます^^

さて、旧暦の3月3日は新暦では4月22日(土曜、大安)です。
桃も桜も散ってしまっていますが、ひな祭りに欠かせないはまぐりは、これくらいの時季のほうが美味しそうです。

旧暦を大切にする沖縄では、旧暦の3月3日の「浜下り(はまうい)」の日は、浜辺でピクニックしたり潮干狩りをしたりするそうです。

という事で、今年は4月22日まではひな祭り、お花見のコーディネイトが大活躍してくれます。

ちょうど、夫婦びなの箸置きを作っていただいている古川章蔵さんから、元気なスズメが描かれた汲出がやってきてくれました。

雀はどこでも見かける身近な鳥ですが「厄をついばむ」縁起物とされているそう。
「赤い雀」から「朱雀」も連想されますが、雀は鳳凰のヒナであるという言い伝えがあるそうです。

ひな祭り

現在、「投稿お知らせメール」を配信できない状態です。
ご迷惑おかけしています。

ようびの器 ものみな美しき日々のために



大阪の器屋「工芸店ようび」 半世紀の記録!

店主 眞木啓子の初めての著書です。
ぜひご一読下さいませ。

全国の書店、オンライン書店(Amazon,楽天ブックス他)、店頭、電話注文にてご購入いただけます。
電話でのご注文の場合、送料は385円となります。
TEL:06-6314-0204

amazon →
rakutenブックス →

TEL:06-6314-0204
ようびの輪島の作家は奥田志郎さんと尚古堂さんが居られますが、皆様から厚いご支援、お言葉を賜り、ありがたく厚く御礼申し上げます。

ご支援金等は復興が始まります時「ありがたく役に立たせていただきます」と申されております。

しばらくの間、ようびには作品が入ってこない状況が続きますので、今手持ちの作品たちを買っていただく以外になく、それをもって再開を応援させていただきたく思っております。

よろしくお願い申し上げます。

工芸店ようび 店主 真木

投稿お知らせメール購読しませんか?

【和食器ブログ】では、一点ずつ丁寧に、時々、料理を作って、時々、コーディネイトをして、入荷のお知らせしています。