【一汁一菜】お味噌汁中心の食事 きのこ

伊賀焼:太呉須蓋付碗・杉本寿樹

「すなおに秋は秋らしく身辺のものを使ってちょっとしたヒントになりますようにと思いながら献立を作ってまいります。」

御好評をいただいています一汁一菜をこの秋からまた始めることにいたしました。さまざまな情報が飛び交いたくさんの物があふれる皆様の周辺にどんなものをお届けしようかといまさらながら困ってしまいますが、すなおに秋は秋らしく身辺のものを使ってちょっとしたヒントになりますようにと思いながら献立を作ってまいります。

朱吉の字椀には舞茸とエリンギの味噌汁、お味噌は信州みそがよろしいでしょう。

呉須同心円の小丼にはまぐろの漬け(醤油漬け、1.5時間から一晩までさまざまお好みで)、かいわれ、玉子の黄味をのせ、ワサビを添えます。

唐津小皿にはなごりの白瓜、小茄子、胡瓜の糠漬けです。

黄味を落とすことでお月さまを感じていただけるかな?

工芸店ようび 店主 真木

お待たせいたしました。
《【一汁一菜】お味噌汁中心の食事》から「きのこ」です。

通年で味わえるきのこですが、秋は主役になれる時。
いろいろに登場願いたいものです。

ところで、新暦ではちょっとピンときませんが、今日9月9日は「重陽の節句」。
旧暦では新暦の10月4日、季節的には少し先です。

反対に、明日9月10日は旧暦の8月15日。
そうです、明日は「中秋」、満月、十五夜です。

そういえば、蝉の声から秋の虫たちの声にいつの間にか替わっていました。

秋のごちそうが待ち構えてくれています。
まずは、満月のマグロの漬け丼をどうぞ(o^^o)

瀧川恵美子さん

■Rakuten お買い物マラソン

2月19日(月)夜8時から23日(金)深夜1時59分まで。
rakutenブックスからご購入いただくと、書籍「ようびの器」も【ショップ買いまわり】対象です。

ご利用くださいませ!^^



現在、「投稿お知らせメール」を配信できない状態です。
ご迷惑おかけしています。

ようびの器 ものみな美しき日々のために



大阪の器屋「工芸店ようび」 半世紀の記録!

店主 眞木啓子の初めての著書です。
ぜひご一読下さいませ。

全国の書店、オンライン書店(Amazon,楽天ブックス他)、店頭、電話注文にてご購入いただけます。
電話でのご注文の場合、送料は385円となります。
TEL:06-6314-0204

amazon →
rakutenブックス →

TEL:06-6314-0204
ようびの輪島の作家は奥田志郎さんと尚古堂さんが居られますが、皆様から厚いご支援、お言葉を賜り、ありがたく厚く御礼申し上げます。

ご支援金等は復興が始まります時「ありがたく役に立たせていただきます」と申されております。

しばらくの間、ようびには作品が入ってこない状況が続きますので、今手持ちの作品たちを買っていただく以外になく、それをもって再開を応援させていただきたく思っております。

よろしくお願い申し上げます。

工芸店ようび 店主 真木

投稿お知らせメール購読しませんか?

【和食器ブログ】では、一点ずつ丁寧に、時々、料理を作って、時々、コーディネイトをして、入荷のお知らせしています。