小正月 あずき粥

漆器・輪島塗:透漆筋目尺3丸盆・奥田志郎

1月15日はあずき粥の日です。

1月15日は昔は小正月とか女人正月とか言いました日、少し前は成人の日でした。あずき粥の日で、この習慣は(天狗のまじない)要するに魔調伏なのです。お粥に小豆を少したくさん入れてバラバラっとお塩を振って召し上がるのもよし、小豆の味を単純にたのしまれるのもいいでしょう。

今年は寒さ厳しく蕪は甘さを増し、ぬか床に入れるとすぐに漬かってくれます。美味しいものです。

尺三寸の千筋の盆は奥田志郎さんの透漆ですが、漆の良さがしっかり解る美しいものです。

黒まり椀はこの盆に載せますと清楚で美しいものだと改めて思います。あずき粥にはぴったりなのではないでしょうか。

工芸店ようび 店主 真木

小豆粥です。

煮小豆は栄養たっぷり。
小豆粥の他にも、赤飯、ぜんざいなどに大活躍。
常備食として多めに作っておきたいですね。

前日から水に浸けておく必要はありませんが、「渋抜き」がうまくいかないことも。
フライパンで2~3分ほど中火で乾煎りすることで「渋抜き」が不要だそうですので、ぜひお試しください。

新作は奥田志郎さんの千筋の盆。
食卓が凛とします。
朝食に昼食に気軽に使っていただけます。

小正月