白磁(天草陶石):白瓷飯碗・大・海老ヶ瀬

白磁(天草陶石):白瓷飯碗・大・海老ヶ瀬

「さまざまな釉をかけ試し焼きをして今の釉に落ち着きました。」

天草陶石は日本で一番美しい磁土だと言われています。
しかし、この陶石を暖かな魅力的なお茶碗にするためには真っ白であればいいというものではなく、さまざまな釉をかけ試し焼きをして今の釉に落ち着きました。

少しのムラやたれ、ホクロのようなものなどもあり、作家は出来るだけ気を付けておりますが、食器は10個に1個無事なものを拾い上げるというものではありません。
このムラを含めての美しさを感じていただきたいものです。

工芸店ようび 店主 真木

今日は「小正月」。

朝、「小豆粥」をいただいた方も多いことと思います。

腸内環境を整えてくれる、今話題の「レジスタントスターチ(難消化性でんぷん)」。
「冷たいごはん」に含まれていることは知られるところです。
でも、残念なのは、再び加熱するとその量が減ってしまうこと。

その「レジスタントスターチ」、
小豆には加熱した後でも多く含まれているそうで、最近注目されています。

小豆は「赤の呪力」だけじゃなかったのですね。

こちらは、小豆ご飯が似合う海老ヶ瀬保さんの白磁の飯碗です。

海老ヶ瀬

■お店へお越しくださるお客様へ

ご来店の際、お客様にはマスク着用、入り口にて手指の消毒のご協力をお願いいたします。店頭にて手指消毒液をご用意しております。
お客様とスタッフの健康と安全確保並びに感染拡大防止の為、ご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い致します。