漆器・輪島塗:本朱八角小皿・奥田志郎

漆器・輪島塗:本朱八角小皿・奥田志郎

使うにつれ表情が変わるのも魅力です。

今日は「タロとジロの日」。

南極観測隊に同行し置き去りにされたカラフト犬のうち、タロとジロの2頭が生きているのが発見された日です。

ジロは翌年亡くなってしまいますが、タロは天寿を全うしました。

寒い日が続きます。
南極はもっともっと寒いんだと思うと、タロとジロの生命力に頭が下がります。

さて、お正月が明け、湯呑を中心にご案内してきましたが、今回の主役はこちら。

奥田志郎さんの八角皿から「本朱」です。

「本朱」は重厚感のある赤。
使うにつれ表情が変わるのも魅力ですね。

茶托の使い方いろいろ

■Rakuten お買い物マラソン

1月28日(土)深夜1時59分まで。
ご利用くださいませ!^^