染付:寿5寸皿・土山敬司

染付:寿5寸皿・土山敬司

「「どうして美しいか、どうして使い続けられてきたか」の答えを探す行為なのではないでしょうか。」

五寸皿というのは大変重宝な寸法のもので、この位の深さがあると特に使い方がぐんと広がります。

以前には阪東晃司さんに作っていただいていましたが、この度は今、古染や祥瑞、清の時代のものなどを集中してお願いしている土山さんに私の持っている大好きな本歌を写していただきました。限りなく本歌に近くして欲しいと、高台内部の飛び鉋まで写していただきました。 限りなく近付けるという行為は「どうして美しいか、どうして使い続けられてきたか」の答えを探す行為なのではないでしょうか。熱心に応えて下さって、良いものになりました。

工芸店ようび 店主 真木

今年新しく植山昌昭さんにも写していただいた「寿」のおめでたい取皿。
引き続き、土山敬司さんにも作っていただいています。

今年は、呉須が濃く、深みのある印象となりました。

植山昌昭さん、土山敬司さん、どちらのお皿がお好きですか?

お正月にふさわしい器がぞくぞく入荷中です!^^

お正月の道具

■Rakutenお買い物マラソン

16日(土)深夜1時59分まで実施中。
ご利用くださいませ!∈ё.ё∋

■お店へお越しくださるお客様へ

ご来店の際、お客様にはマスク着用、入り口にて手指の消毒のご協力をお願いいたします。店頭にて手指消毒液をご用意しております。
お客様とスタッフの健康と安全確保並びに感染拡大防止の為、ご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い致します。