牛形注器・川淵直樹

牛形注器・川淵直樹

「何しろ面白いもの、使ってみたくなります。どうしても赤い盃でと思います。」

干支とは十干(即ち木火土金水の陰と陽)に十二支を当てていくもので、同じ干支になるのは60年に一度ということで還暦と申すのですが、来年は辛丑、一九六一年(昭和36年)生れの方が本当の歳男、歳女ということになります。

還暦の方にと思われて川淵さんは造られたそうですが、何しろ面白いもの、使ってみたくなります。どうしても赤い盃でと思います。

工芸店ようび 店主 真木

牛の酒器のご案内です^^

焼き締めが2点、粉引が1点。
各一点のみとなります。

古代朱の平盃をあわせるだけで、すっかりお正月です(^^)/

お正月の道具

■Rakutenお買い物マラソン

16日(土)深夜1時59分まで実施中。
ご利用くださいませ!∈ё.ё∋

■お店へお越しくださるお客様へ

ご来店の際、お客様にはマスク着用、入り口にて手指の消毒のご協力をお願いいたします。店頭にて手指消毒液をご用意しております。
お客様とスタッフの健康と安全確保並びに感染拡大防止の為、ご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い致します。