大寒を過ぎ、節分、立春と春の言葉が聞ける頃になってきました。

【一汁一菜・器替わり】File No.12 白玉だんご

今年はまだまだ寒波が来るとは言いながら、大寒を過ぎ、節分、立春と春の言葉が聞ける頃になってきました。寒い寒いといいつつも少しずつ春に近付いてくる気配が何ともうれしい大好きな季節です。

そんなこんなことを感じながら稲荷寿司をつくります。節分、立春、初午と日が近いせいでこのあたりが一緒になって季節感となっていくようですが、この季節はぬたを作る分葱も葱も一年で一番おいしい季節です。温かな白みその味噌汁(白みそだけでなく袱紗味噌にしてもよい)や粕汁なども合わせるとよろしいでしょう。

この藤塚光男さんの八方文は四方と四偶(東・西・南・北・北東・北西・南東・南西の八つの方向)を表した文様です。転じてあらゆる方面という意味に使われています。節分の頃にこの皿を選びましたのは、恵方に向って幸運や除魔を祈るという風習がございますこともあって、方位を意識したものにしてみました。絵馬形の小皿も八方皿も染付で被ってしまいますが、一方は直線文、一方は曲線(唐草文)なので同空間でも許せるのではないかと思います。

この椀は装飾が線文で控えめながら中々に効果的なお使いやすい椀です。兄の野田行作が辻留さんのお好みで造った形を踏襲しています。箸置は鱗文で、魔除けを意識してみました。

工芸店ようび 店主 真木

寒いですね。

いつもの池に氷が張っているのを見ると、
さらに数度体感温度が下がります(@_@)

まだまだ寒さが続くそうですが、
真冬の「一汁一菜」を新しくコーディネイトしました。
「器替わりシリーズ」です^^

ちょうど沢庵が美味しくなる頃。
それにしても、今年は、大根が高いです(≧∇≦)

【一汁一菜・器替わり】

■Rakuten お買い物マラソン

2月19日(月)夜8時から23日(金)深夜1時59分まで。
rakutenブックスからご購入いただくと、書籍「ようびの器」も【ショップ買いまわり】対象です。

ご利用くださいませ!^^



現在、「投稿お知らせメール」を配信できない状態です。
ご迷惑おかけしています。

ようびの器 ものみな美しき日々のために



大阪の器屋「工芸店ようび」 半世紀の記録!

店主 眞木啓子の初めての著書です。
ぜひご一読下さいませ。

全国の書店、オンライン書店(Amazon,楽天ブックス他)、店頭、電話注文にてご購入いただけます。
電話でのご注文の場合、送料は385円となります。
TEL:06-6314-0204

amazon →
rakutenブックス →

TEL:06-6314-0204
ようびの輪島の作家は奥田志郎さんと尚古堂さんが居られますが、皆様から厚いご支援、お言葉を賜り、ありがたく厚く御礼申し上げます。

ご支援金等は復興が始まります時「ありがたく役に立たせていただきます」と申されております。

しばらくの間、ようびには作品が入ってこない状況が続きますので、今手持ちの作品たちを買っていただく以外になく、それをもって再開を応援させていただきたく思っております。

よろしくお願い申し上げます。

工芸店ようび 店主 真木

投稿お知らせメール購読しませんか?

【和食器ブログ】では、一点ずつ丁寧に、時々、料理を作って、時々、コーディネイトをして、入荷のお知らせしています。