柿食へば鐘が鳴るなり法隆寺

花網5.5寸皿・土山敬司

今日は「柿の日」です。

俳人・正岡子規が、
「柿食へば鐘が鳴るなり法隆寺」を詠んだとされる日だから・・・。

法隆寺のある奈良は、柿は良質共にトップクラス。
「刀根早生(とねわせ)」「平核無(ひらたねなし)」「富有(ふゆう)」。
時期をずらして様々な柿が味わえます。

ちなみに、
正岡子規が詠んだ柿は「御所(ごしょ)柿」。
聞き慣れませんが、昭和の初めまで天皇家に献上されていました(o^^o)

と言うことで、柿です。

こちらは、奈良のものではありませんが、
「道の駅」で生産者さんが並べていた「次郎柿」です。
生産者さんがいらっしゃると、つい購入したくなります^^

盛ったのは、
土山敬司さんから新作、花網文が愛らしい中皿です。

同じ寸法に、輪花の打ち込み皿もございます。

土山敬司

■BSプレミアム103の「美の壺」

10月30日19時30分から、BSプレミアム103の「美の壺」に工芸店ようびの店主が出演します!

先月撮影も無事終了し、いよいよ放映を待つばかりです。
ご期待くださいませ!^^



■お店へお越しくださるお客様へ

ご来店の際、お客様にはマスク着用、入り口にて手指の消毒のご協力をお願いいたします。店頭にて手指消毒液をご用意しております。
お客様とスタッフの健康と安全確保並びに感染拡大防止の為、ご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い致します。



■ブログ投稿のお知らせメールの不具合

先日より、『和食器ブログ』の投稿お知らせメールのタイトルが文字化けしています。
修正に手間取ってしまっていて、いまだ文字化け中です。
ご迷惑をおかけしています。
本文は読んでいただけますので、修正まで今しばらくお待ちくださいませ。