柿食へば鐘が鳴るなり法隆寺

花網5.5寸皿・土山敬司

今日は「柿の日」です。

俳人・正岡子規が、
「柿食へば鐘が鳴るなり法隆寺」を詠んだとされる日だから・・・。

法隆寺のある奈良は、柿は良質共にトップクラス。
「刀根早生(とねわせ)」「平核無(ひらたねなし)」「富有(ふゆう)」。
時期をずらして様々な柿が味わえます。

ちなみに、
正岡子規が詠んだ柿は「御所(ごしょ)柿」。
聞き慣れませんが、昭和の初めまで天皇家に献上されていました(o^^o)

と言うことで、柿です。

こちらは、奈良のものではありませんが、
「道の駅」で生産者さんが並べていた「次郎柿」です。
生産者さんがいらっしゃると、つい購入したくなります^^

盛ったのは、
土山敬司さんから新作、花網文が愛らしい中皿です。

同じ寸法に、輪花の打ち込み皿もございます。

土山敬司

■蔵出し企画

【現品限り!】の付記されている植山昌昭さんのうつわを一割引きでご提供させていただきます。

10月1日(土)11時から。
ご利用くださいませ!^^