乾山写葵文飯碗・伏原博之

「・・・この花の一つ一つに好んで画くに足る何かを発見したのでしょう。さまざまに転回させています。」