漆器:黒五つ椀・奥田志郎

黒五つ椀・奥田志郎

「使い方を工夫すればよい道具としてお使いいただけます。」

作者の奥田志郎氏の兄、奥田達朗氏が持っていた五つ椀(江戸中期位?)を、志郎氏が写してみたくて作ったものの由です。五つ椀として使うというシチュエーションがなく、お蔵入りとなっておりました。

塗りは黒の真塗で、すばらしい艶に塗り上がっており、使い方を工夫すればよい道具としてお使いいただけます。

  • 一の椀(直径17cm) にゅうめんやおどんぶりものに
  • 二の椀 大きい目の向付に。塗りの向付もとても面白く、生ものなどの造りも上々です。
  • 三の椀・四の椀 お鍋の取り鉢に(手に熱くなくちょうどいい深さです)
  • 五の椀 小皿・銘々皿として

工芸店ようび 店主 真木

奥田志郎さんから「黒五つ椀」。
大小5種の浅めのお椀、この度、お好きな寸法をお好きなだけお求めいただけるようにいたしました。

奥田志郎さんのお椀の中で浅鉢は、具が沢山入るお味噌汁椀としておすすめしている「4.2寸汁椀」
直径が13cm、高さが6cmほど。

お鍋の玉割としておすすめしている浅めのお椀は、守田漆器さんの「木地溜内黒4.8寸平椀」
直径が14.5cm、高さが5.4cmほど。

参考にしていただければ、ピッタリのお椀を見つけていただけると思います。

持つ手が熱くならない漆器のうつわ。
お鍋におうどんにおでんに・・・大活躍間違いありません^^

黒五つ椀・奥田志郎

■蔵出し企画

【現品限り!】の付記されている植山昌昭さんのうつわを一割引きでご提供させていただきます。

ご利用くださいませ!^^