九谷焼:萬暦赤絵竜文皿・須田菁華

九谷焼:萬暦赤絵竜文皿・須田菁華

龍に、鯉に、蓮の花・・・。

今日は「ザメンホフの日」だそうです。

「ザメンホフ」・・・。
ご存じの方は少ないかもしれません。
国際語の「エスペラント」を考案された方です。

国際語「エスペラント」。
こちらも、知る人ぞ知る言語かもしれません。

「それぞれの言語や文化の違いを越えて人々がコミュニケーションできるようにするために橋渡しの役目を果たすことを目的としている」そう。

たしかに、共通語が「英語」では偏りがあります。

でも、日本の多くの人にとって、英語もエスペラント語もなかなか手ごわい相手。
一日も早く、音声翻訳機が身近になってほしいものです。

さて、須田菁華さんに久しぶりにこちらの縁起の良い小皿を作っていただきました。

小皿一面、プラス裏にも縁起の良いものが描き込まれています。

龍に、鯉に、蓮の花・・・。

お正月の銘々皿にいかがでしょうか。

お正月の道具

■お店へお越しくださるお客様へ

ご来店の際、お客様にはマスク着用、入り口にて手指の消毒のご協力をお願いいたします。店頭にて手指消毒液をご用意しております。
お客様とスタッフの健康と安全確保並びに感染拡大防止の為、ご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い致します。