長石釉向鶴向付・有光武元

長石釉向鶴向付・有光武元

「江戸後期の京焼の向鶴の写しです。」

双鶴とか向鶴とか呼ばれ、お祝いのものとしてさまざまな文様に使われているものですが、この向付も江戸後期の京焼の向鶴の写しです。

工芸店ようび 店主 真木

有光武元さんにお正月にあわせて「向鶴」の向付を作っていただきました。

前に作っていただいたものは、青磁のような軽快な印象でしたが、今回は温かみのある風景となりました。

お正月の道具

■お店へお越しくださるお客様へ

ご来店の際、お客様にはマスク着用、入り口にて手指の消毒のご協力をお願いいたします。店頭にて手指消毒液をご用意しております。
お客様とスタッフの健康と安全確保並びに感染拡大防止の為、ご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い致します。