「うぐいす餅と聞いただけで、まだ春浅き空気感まで脳裏に浮かんでくるのは・・・」

菊壽堂「うぐいす餅」

うぐいす餅と聞いただけで、まだ春浅き空気感まで脳裏に浮かんでくるのは、これまた今頃の季節に季節を先取りしてお菓子屋に並ぶものだからなのでしょうか。2月。八角の黒塗の皿にのせて黒文字をつけると、静かで何かすばらしい和菓子ですね。この八角の木地はロクロを使わず殆んど手で削り出したもので、その分だけ価格は少し張りますが仲々に美しく品良く、他のものが丸の場合、変化がつき重宝いたします。

2月はかぶらももう終わり。お茶碗は4代目菁華さんの洒脱な蕪の絵です。茶托は朱段付茶托が合います。急須は瀬戸の有松進さんの総織部。いつも机の上に居てくれて飽きない色と形です。

工芸店ようび 店主 真木

「むっくり」とした黒の八角皿に菊壽堂さんのうぐいす餅。
初春らしい、とても渋いコーディネイトになりました。

少し大きめの八角皿。
「むっくり」に仕上げる為ロクロを使わないこだわりは、結果、木地作りにかなりな時間が掛かるそう。

次回製作があるかどうか・・・。
この機会をお見逃しございませんようにA^^;)

和菓子

■Rakutenお買い物マラソン!

9月26日(土)深夜1時59分までです。
ご利用くださいませ!

■お店へお越しくださるお客様へ

ご来店の際、お客様にはマスク着用、入り口にて手指の消毒のご協力をお願いいたします。店頭にて手指消毒液をご用意しております。
お客様とスタッフの健康と安全確保並びに感染拡大防止の為、ご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い致します。