向鶴向付・有光武元

向鶴向付・有光武元

「土物というより磁器のような軽やかさが・・・」

双鶴とか向鶴とか呼ばれ、お祝いのものとしてさまざまな文様に使われているものですが、この向付も江戸後期の京焼の向鶴の写しです。有光武元さんが瀬戸の土(半磁器にも見えるような)で作って下さいました。

やわらかな感じの形に青磁のような釉がかかっているので、土物というより磁器のような軽やかさがあり、お正月用の小鉢としてお使いいただけるかと思います。

工芸店ようび 店主 真木

鶴は千年、亀は万年。
鶴は、中国では千年生きると言われています。

縁起の良い鶴に菱紋の「向い鶴菱」。

有光武元さんの「向鶴」はうつわの形が菱の形です。
公家の服装や調度品などの装飾に用いられた有職文様の一つが「菱紋」。
格調高く、お正月にふさわしい向付です(^^)/

お正月の道具

■Rakutenお買い物マラソン

16日(土)深夜1時59分まで実施中。
ご利用くださいませ!∈ё.ё∋

■お店へお越しくださるお客様へ

ご来店の際、お客様にはマスク着用、入り口にて手指の消毒のご協力をお願いいたします。店頭にて手指消毒液をご用意しております。
お客様とスタッフの健康と安全確保並びに感染拡大防止の為、ご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い致します。