漆器:切箔絵黒端反椀・奥田志郎・山本哲

「昭和の名椀や」

兄(故 野田行作)が懐石「辻留」さんのために作りました椀の写しを、本体は奥田志郎さんに、装飾は山本哲さんにお願いして作っていただきました。

「昭和の名椀や」と故 辻留 辻嘉一師がおっしゃって下さった、と兄が得意げにいっておりました。姿、形も手取りもよく、箔絵も洒脱で、そのあたりがお気に入りのようでした。そして義一師の時代、半世紀以上になる今もお使いいただけているものです。

ありがたいことです。

今までは兄の神域に立ち入れない気がしていましたが、やっと甦えらせることが出来、兄もよろこんでくれているように思われて、ここにご紹介するのがうれしい椀です。

工芸店ようび 店主 真木

今年は、残念ながらお雑煮椀の種類があまり多くありません。
ですが、そんな中、とても素敵なお椀がお正月に間に合いました。

店主がずっと再現したかった、故 野田行作(実兄)のお椀です。

箔絵がはんなり・・・。お正月用、お雑煮用と思われがちですが、辻留さんはここにたっぷりとお味噌汁をつがれました。

季節季節、場面場面でお愉しみいただけるお椀です(^o^)

「昭和の銘椀や」切箔絵黒端反椀

当店は、ポイント還元対象ショップです。

クレジットカードご使用で、5%の還元を受けることができます。

楽天市場お買い物マラソン実施中!

1月28日(火)深夜1時59分までです。

ご利用下さいませ(^^)/