漆器:切箔絵黒端反椀・奥田志郎・山本哲

「私の理想像ともいえるお椀」

これは、野田行作君に依頼して作ってもらったもので、私の理想像ともいえるお椀であります。

黒漆もわざと回数を少なくして、とぎ出しにせず、控えめというか、素直な美しさを求めました。

持ちやすくて口当たりがよく、その上安定感もある・・・といったことを朱に考え、さらに金箔を切って胴回りに散らし、蓋のツマミにもあしらくことにより、全体の調和を図りました。

このように、絵付けのないお椀は、春夏秋冬の区別なく気軽に使えるという利点があります。その上、丈夫にということにも留意してあり、考えようによっては、実に欲の深いお椀といえそうです。

辻留 辻嘉一・おつゆもの(辻留・伝承料理)より

「昭和の名椀」いかがでしたでしょうか。
もちろん、本歌の写しですが、きっと、ご存命であれば辻嘉一氏も納得されたことと思います。

こちらは、辻嘉一氏がご自身の書籍で認められたものです。

「私の理想像」

ぜひ、手にとって、お汁をついで、お確かめくださいませ!(^^)/

追伸
第一弾完売ありがとうございます。
12月末になりますが、入荷がございます。
ご予約お待ち申し上げます(^^)/

「昭和の銘椀や」切箔絵黒端反椀

当店は、ポイント還元対象ショップです。

クレジットカードご使用で、5%の還元を受けることができます。

楽天市場お買い物マラソン実施中!

1月28日(火)深夜1時59分までです。

ご利用下さいませ(^^)/