漆器・飛騨春慶塗:大徳寺重・滝村弘美

「大徳寺弁当を二、三人前のお重詰め用として用いた場合、少しお正月らしい取り皿と酒次、酒盃で盛り上げます。」

漆器・輪島塗:秀衡椀・奥田志郎・山本哲

「一番シンプルでしかもお正月らしい組み合わせです。」

漆器・輪島塗:黒塗光悦盆・奥田志郎

「八寸、口取用に中々によいものになりました。」

志野焼:志野草文四方向付・瀧川恵美子

「格上げをして瀧川恵美子さんの向付を使いたっぷり盛り付けてみました。」

漆器:紅葉箔絵黒蓋付平椀・尚古堂

「金の箔絵はさまざまな色を連想させるものです」