漆器・輪島塗:まり椀・奥田志郎

漆器・輪島塗:4.3寸黒椀・奥田志郎

「まだ煮上がりたての「ムラシ」をしていない御飯を少し盛り、新鮮な肴を少し食べる。・・・(本文より)」

4.2寸よりも少し高めでたっぷりとした気分のよい寸法の椀になっております。飯椀として汁椀として、またさまざまなものを受け止める椀として、永く御手許にあれかしと。

工芸店ようび 店主 真木

こちらのお椀は最初は奥田達朗さんが飯椀として作っていたもの。

「ようびの器 ものみな美しき日々のために」の「空想の宿 花の家」に登場しています。

「まだ煮上がりたての「ムラシ」をしていない御飯を少し盛り、新鮮な肴を少し食べる。・・・(本文より)」

林邦佳さんの向付とバカラのグラスは完売してしまいましたが、奥田志郎さんの「4.3寸椀」はようびの定番として現在も作っていただいています。
在庫がないことが多いのですが、今なら、朱も黒もお手元に^^

一汁一菜

現在、「投稿お知らせメール」を配信できない状態です。
ご迷惑おかけしています。

ようびの器 ものみな美しき日々のために



大阪の器屋「工芸店ようび」 半世紀の記録!

店主 眞木啓子の初めての著書です。
ぜひご一読下さいませ。

全国の書店、オンライン書店(Amazon,楽天ブックス他)、店頭、電話注文にてご購入いただけます。
電話でのご注文の場合、送料は385円となります。
TEL:06-6314-0204

amazon →
rakutenブックス →

TEL:06-6314-0204
ようびの輪島の作家は奥田志郎さんと尚古堂さんが居られますが、皆様から厚いご支援、お言葉を賜り、ありがたく厚く御礼申し上げます。

ご支援金等は復興が始まります時「ありがたく役に立たせていただきます」と申されております。

しばらくの間、ようびには作品が入ってこない状況が続きますので、今手持ちの作品たちを買っていただく以外になく、それをもって再開を応援させていただきたく思っております。

よろしくお願い申し上げます。

工芸店ようび 店主 真木

投稿お知らせメール購読しませんか?

【和食器ブログ】では、一点ずつ丁寧に、時々、料理を作って、時々、コーディネイトをして、入荷のお知らせしています。