井戸平向付・有光武元

井戸平向付・有光武元

「使い込むと赤味を帯びて貫入が入り・・・」

井戸といわれている焼物はもちろん朝鮮半島の土なのですが、萩と益田の中間地点の「須佐」に須佐唐津と呼ばれてよく似た感触の土が産出されていました。そのことを小林東五氏から教えていただかれた有光武元さんが、20年位前その土を手に入れられ、今回焼かれたものです。

須佐唐津は還元で焼かれていたもので色は青っぽいグレーですが、有光さんは井戸風に仕上げてみたくて酸化の焔で焼いてみたとおっしゃいます。
使い込むと赤味を帯びて貫入が入り、古い井戸の肌のようになるそうで、形も良く、小鉢以外にもお酒を入れたりさまざまに使えそうです。

工芸店ようび 店主 真木

有光武元さんから井戸の小鉢が届きました。
今回の制作分はろくろの段がはっきりとしています。

今日は「さつまいもの日」。
「栗(九里)より(四里)うまい十三里」。

さつまいものポテトサラダを作ってみました。
大人のサラダには黒胡椒たっぷりが似合います。

有光武元

■お店へお越しくださるお客様へ

ご来店の際、お客様にはマスク着用、入り口にて手指の消毒のご協力をお願いいたします。店頭にて手指消毒液をご用意しております。
お客様とスタッフの健康と安全確保並びに感染拡大防止の為、ご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い致します。