伊賀焼:雅造蓮弁皿・土楽・福森雅武

伊賀焼:雅造蓮弁皿・土楽・福森雅武

蓮の花は極楽浄土に咲く清らかな花。お彼岸にぴったりです。

今日は「秋分の日」です。

「彼岸の中日」とも。
仏教の世界では、ご先祖のいらっしゃる世界が「彼岸」、私たちが生きている世界が「此岸(しがん)」。

「秋分の日」は、彼岸と此岸の距離が最も近い日と考えられているそう。
つまり、ご先祖への感謝の気持ちを表しやすい日だそうです。

お彼岸といえば「おはぎ」。

土楽窯当主、福森雅武さんご自身作の蓮弁の小皿に、おはぎを乗せてみました。

蓮の花は極楽浄土に咲く清らかな花。
お彼岸にぴったり。

おはぎは、大阪、空堀にある「森乃お菓子」さんで扱われている「森のおはぎ」です。
小ぶりなサイズが可愛い^^

土楽

■お店へお越しくださるお客様へ

ご来店の際、お客様にはマスク着用、入り口にて手指の消毒のご協力をお願いいたします。店頭にて手指消毒液をご用意しております。
お客様とスタッフの健康と安全確保並びに感染拡大防止の為、ご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い致します。