織部焼:織部掛け分け小判皿23×19cm・有松進

織部焼:織部掛け分け小判皿23×19cm・有松進

「地味」な里芋ですが織部の緑がもり立てています。

今日は「中秋の名月」。

平安時代に中国から伝わった風習は、貴族から庶民に広まり、芋の収穫期と重なることから「芋名月」と呼ばれるようになりました。

日本海側と北海道ではすっきり晴れて満月を楽しめるそうです。

さて、有松進さんの「小判皿23×19cm」が、ビードロ、灰釉、そして、新作の「織部掛け分け」、と充実してきました。

掛け分けはうつわに軽快な風景を与えています。

「芋名月」ということで、きぬかつぎを盛ってみました。
「地味」な里芋ですが織部の緑がもり立てています。

織部焼き

■お店へお越しくださるお客様へ

ご来店の際、お客様にはマスク着用、入り口にて手指の消毒のご協力をお願いいたします。店頭にて手指消毒液をご用意しております。
お客様とスタッフの健康と安全確保並びに感染拡大防止の為、ご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い致します。