梅雨の季節

志野焼:志野草文四方向付・瀧川恵美子

「格上げをして瀧川恵美子さんの向付を使いたっぷり盛り付けてみました。」

八幡巻は、山城国八幡あたりから産出する名物の牛蒡、この牛蒡を芯にして鰻などを巻いてつけ焼きにしたもので、この牛蒡にちなんだ名前の由、ひょっとすると淀川の鰻だったかもしれません。

梅雨の季節にはこの様にしっかり焼いたものが気持ちよく食べられます。八幡巻はどちらかというとお惣菜ですが、格上げをして瀧川恵美子さんの向付を使いたっぷり盛り付けてみました。わさびを添えますと一段とおいしいです(わさびの桔梗の皿は岸野寛 作)。

さわやかに野原を思わせるエナメルペインティングのカップに冷たいお酒を。

工芸店ようび 店主 真木

うなぎとごぼうのハーモニー。

季節季節に場所場所で味わえるさまざまな出会いもの。
日本に暮らす醍醐味です(o^^o)

梅雨の季節

■Rakuten お買い物マラソン

6月22日(火)よる8時から26日(土)深夜1時59分までです。
ご利用くださいませ!^^

■お店へお越しくださるお客様へ

ご来店の際、お客様にはマスク着用、入り口にて手指の消毒のご協力をお願いいたします。店頭にて手指消毒液をご用意しております。
お客様とスタッフの健康と安全確保並びに感染拡大防止の為、ご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い致します。