漆器・輪島塗:箔押草彫文様椀・奥田志郎

漆器・輪島塗:箔押草彫文様椀・奥田志郎

「兄は箔を押して引掻紋を画くのが好きで・・・」

兄 野田行作が作りました椀にこの丸紋もあり、山本哲さんにお願いして箔の引掻紋(露草?)を復原していただきました。

兄は箔を押して引掻紋を画くのが好きで、自由な線でいろいろのものを作って自らもたのしみ、お客様もたのしんで頂いていたようですが、今ならどの様に申しますか、もっともっと違った面白いものが出来ていたのではと思うことしきりです。

工芸店ようび 店主 真木

いつもは2月3日の節分、今年は、一日早い2日なのですね。124年ぶりだそうです。
うっかりしていました^^

節分の特集で大豆ごはんをよそったのは「吉」の字が書かれた「吉の字椀」でした。
節分に「吉」の字。
立春を前に潔くふさわしい文様ですが、実は、同じお椀に箔絵で花模様を描いていただいています。

愛らしい!(^O^)

こちらは、今日のように寒い日にうれしい粕汁です。
少なめの一人前。
塩鮭のうまみが良い仕事をしています(o^^o)

飯椀にも汁椀にも小鉢にも、いろいろにお役にたってくれるお椀です(^^)/

吉の字椀 節分の頃

■お店へお越しくださるお客様へ

ご来店の際、お客様にはマスク着用、入り口にて手指の消毒のご協力をお願いいたします。店頭にて手指消毒液をご用意しております。
お客様とスタッフの健康と安全確保並びに感染拡大防止の為、ご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い致します。