漆器・輪島塗:帯椀・拭漆蓋・奥田志郎

「仲々面白いものになりました。」

蓋付椀は、二十年程前に作りました帯椀の本体に、拭漆の蓋を合わせてみましたら、仲々面白いものになりました。お蓋の必要な普段の椀として、お気軽にお使いいただけると思います。

工芸店ようび 店主 真木

特集「節分の頃」いかがでしょうか。
大豆ごはん、いつも想像を裏切る美味しさに驚きます^^

「吉の字椀」の粋な姿に目が移ってしまいますが、奥田志郎さんからもう一点、「帯椀」をご紹介させていただいています。
古くからある伝統的な「帯椀」ですが、ネットでは初登場。
蓋を付けてお値段据え置き・・・。
ずばり、現品限り、お値打ち品です!(^o^)

蓋も身も、材はけやきです。
蓋は拭き漆、身は目はじき。
塗りが違うと表情もがらりとかわりますね^^

残りご飯をお椀に入れて蓋をしておくと、お椀が上手に呼吸をして、冷めても美味しいご飯のままに・・・。
お試しください!^^

吉の字椀 節分の頃

■お店へお越しくださるお客様へ

ご来店の際、お客様にはマスク着用、入り口にて手指の消毒のご協力をお願いいたします。店頭にて手指消毒液をご用意しております。
お客様とスタッフの健康と安全確保並びに感染拡大防止の為、ご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い致します。