漆器・輪島塗:まり椀・奥田志郎

椀の中で適度に湯気が対流し、ご飯をよりいっそうおいしくしてくれます。

お椀(お碗)は、歴史的には陶器ではなく木製の時代が長く続きました。
軽いこと、さめにくいこと、熱い料理を盛っても、持つ手や唇が熱くならないことなど、陶磁器よりも利点がたくさんがあります。

さらに、「まり椀」の場合、椀の中で適度に湯気が対流し、ご飯をよりいっそうおいしくしてくれます。
また、口元にのぼってくるほどよい湯気で、さらにおいしくいただくことができます。

身体にいいけどごわごわで食べにくい古代米や五穀米、麦飯に違いがはっきりしてきます。

「まり椀」のご案内で、筍と蕗のご飯を炊いたのですが、あらためて、陶器の飯碗と「まり椀」の違いを感じることとなりました。

あつあつでも、冷めても、本当に美味しいです(o^^o)

まだ蒸らされていない、炊きあがったばかりのご飯を、一しゃもじ分盛りました。
一文字ご飯です^^

【一汁一菜】お味噌汁中心の食事

当店は、ポイント還元対象ショップです。

クレジットカードご使用で、5%の還元を受けることができます。

現在は楽天市場でご購入いただけます

画像からは、楽天市場の買い物かごへリンクしています。

ご利用下さいませ(^^)/