「阪東晃司さんの熱心な研究によって、食卓で混ぜて使っていても本歌(古伊万里)と殆んど変わりません。」

花唐草舟形皿・阪東晃司

かの有名レストランカハラさんが持っていらっしゃった本歌をお願いして写させていただいたのは、もう三十数年も昔のことでした。それからしばらくして京都の新門前で同じものを見つけ、それから幾度か作っていただいています。阪東晃司さんの熱心な研究によって、食卓で混ぜて使っていても本歌(古伊万里)と殆んど変わりません。

大きさといい縁の高さといい大変に使いやすさを感じさせるもので、気が付くとついつい食卓に上っていることが多いのです。これはこれで完成されたものですので現代風などに変える必要もなく、ずっと作り続けることにしています。

いろんな種類を少しずつ並べて取る時のお皿に、焼き魚用に、洋食風にと多用途にお使いいただけると思います。

工芸店ようび 店主 真木

阪東晃司さんの手業をこのうつわ一点で理解できます・・・
と言っても過言ではないお皿です。

ふわふわっとしたエレガントな「舟形」の長皿は、肩を張らず、気軽に取り皿などにお使いいただけます。

きちっと丁寧に、それでいて優しく大胆に描かれた花唐草。
描くのに時間がかかります。

やっとできあがってきました^^

阪東晃司