白が似合いますね。

斑6寸端取鉢・吉井史郎

先週末の土曜日、奈良の若草山では冬の風物詩「若草山焼き」が催されました。

若草山は、その名の通り一面芝の仲間「ノシバ」に覆われていて、
のんびりお弁当を広げたり走り回ったり、遠足にぴったりの小さなお山です。
場所は、東大寺と春日大社のすぐ近く。

奈良と言えば、天然記念物の鹿も有名ですね。
「ノシバ」は春日大社の神の使いでもある鹿と共存関係だそうです。

鹿の餌となるだけではなく、
鹿に食べられることによって成長し、
驚くことに、種は食べられることによって発芽に至るのだそう^^

さて、
吉井史郎さんから貫入がしっかりと見られる斑釉の中鉢です。
先週末ご案内した「器替わり」に、沢庵の漬物鉢としてご紹介しました。

白が似合いますね。

貫入の入り方もですが、ゆがんだ形も愉しい中鉢。
せっかくですので、一点物としてご案内です。

お見逃しございませんように!(^^)/

【一汁一菜・器替わり】

■BSプレミアム103の「美の壺」

10月30日19時30分から、BSプレミアム103の「美の壺」に工芸店ようびの店主が出演します!

先月撮影も無事終了し、いよいよ放映を待つばかりです。
ご期待くださいませ!^^



■お店へお越しくださるお客様へ

ご来店の際、お客様にはマスク着用、入り口にて手指の消毒のご協力をお願いいたします。店頭にて手指消毒液をご用意しております。
お客様とスタッフの健康と安全確保並びに感染拡大防止の為、ご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い致します。



■ブログ投稿のお知らせメールの不具合

先日より、『和食器ブログ』の投稿お知らせメールのタイトルが文字化けしています。
修正に手間取ってしまっていて、いまだ文字化け中です。
ご迷惑をおかけしています。
本文は読んでいただけますので、修正まで今しばらくお待ちくださいませ。