井戸銘々皿・有光武元

井戸:井戸銘々皿・有光武元
ぜひ、お手にとって育ててくださいませ。

井戸といわれている焼物はもちろん朝鮮半島の土なのですが、萩と益田の中間地点の「須佐」に須佐唐津と呼ばれてよく似た感触の土が産出されていました。そのことを小林東五氏から教えていただかれた有光武元さんが、20年位前その土を手に入れられ、今回焼かれたものです。

須佐唐津は還元で焼かれていたもので色は青っぽいグレーですが、有光さんは井戸風に仕上げてみたくて酸化の焔で焼いてみたとおっしゃいます。
使い込むと赤味を帯びて貫入が入り、古い井戸の肌のようになるそうで、・・・後略

工芸店ようび 店主 真木

有光武元さんから井戸の小皿です。

「片口」を作っていただいた時の文章ですが、ご好評をいただき、あれから様々なうつわに展開していただいています。

小皿も二種目、こちらは高台の無い新作です。

写真からでも肌の優しさを感じていただると思いますが、ぜひ、お手にとって育ててくださいませ。

有光武元

■夏季休業について

8月14日(日)から8月21日(日)まで夏季休業いたします。
おうち時間、お買い物も引き続きお楽しみくださいませ!