京焼・道八写色絵紫陽花文向付・伏原博之

京焼・道八写色絵紫陽花文向付・伏原博之

「同じ写しをお願いしても全然違ったものが出来ること、今更ながら感じます。」

色絵あじさいの鉢と向付を、毎年のように正木春蔵さんに作っていただいていましたが、60才になられた時、色盛のお仕事は「しんどい」とおっしゃって、この手の色絵のものはお作りにならなくなりました。そこでこの度、伏原博之さんにお願いすることにしました。

正木さんの力強い骨太のものから、京焼の薄くてやさしいものに変わりましたが、同じ写しをお願いしても全然違ったものが出来ること、今更ながら感じます。

工芸店ようび 店主 真木

梅雨。

梅雨入り宣言で初めて、公園の紫陽花が色づいてきたこと、じゅんさいが出回りはじめたことに気が付きました。

今年は、春も雨も、何もかも訪れが早いようです。
うかうかしているといろんな旬を見逃してしまいそう。

そう言えば、子持ちのぷっくりしたタチウオも魚屋さんに出てました(o^^o)

京焼・清水焼

■Rakuten お買い物マラソン

6月22日(火)よる8時から26日(土)深夜1時59分までです。
ご利用くださいませ!^^

■お店へお越しくださるお客様へ

ご来店の際、お客様にはマスク着用、入り口にて手指の消毒のご協力をお願いいたします。店頭にて手指消毒液をご用意しております。
お客様とスタッフの健康と安全確保並びに感染拡大防止の為、ご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い致します。