色絵花文鉢・古川章蔵

色絵花文鉢・古川章蔵

「すがすがしくこんなに美しいのは、古川さんの持っておられる品位と技術の確かさなのです。」

芹のごまよごしの入っている鉢は、高台まわりが細くなっていますので、少し入れてもさまになりますし、たくさん入れても又これもよろし、というものです。古川さんの、もうすでに初夏を思わせる色と大胆な文様が映えます。この様な色と文様はややもすると浅はかに見えてしまうものですが、すがすがしくこんなに美しいのは、古川さんの持っておられる品位と技術の確かさなのです。

工芸店ようび 店主 真木

稚鮎が主役のコーディネイト、いかがでしたでしょうか^^
頭からワタまでまるまるいただける稚鮎の天ぷらは、春の醍醐味です。

合わせた芹の胡麻和えを盛り込んだのは、古川章蔵さんのおおらかな花模様の中鉢。
ご案内当時は「一点もの」だったのですが、さっそく、追加で作っていただきました。

古川章蔵さんですので(?)、一点ずつ絵柄は違います。
でも、どれも、のびのび、清々しい印象です(^^)

稚鮎の季節

■お店へお越しくださるお客様へ

ご来店の際、お客様にはマスク着用、入り口にて手指の消毒のご協力をお願いいたします。店頭にて手指消毒液をご用意しております。
お客様とスタッフの健康と安全確保並びに感染拡大防止の為、ご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い致します。