漆器:黒二つ椀《合鹿椀》・奥田志郎

漆器・輪島塗:黒二つ椀《合鹿椀》・奥田志郎

「まり椀」「秀衡椀」・・・、故奥田達朗氏の志を継ぐ漆器のひとつです。

今日は「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録された日。

「和食」と簡単にまとめられていますが、具体的には「日本人が抱く”自然の尊重”の精神を体現した食に関する社会的慣習」が登録された・・・そうです。

登録された「和食」は4つの特徴で説明されているのですが、その一つが、

正月などの年中行事との密接な関わり
“日本の食文化は、年中行事と密接に関わって育まれてきました。
自然の恵みである「食」を分け合い、食の時間を共にすることで、家族や地域の絆を深めてきました。”
(農林水産省HPより抜粋)

お正月の準備、おすすみですか^^

さて、こちらは「二つ椀」、大小入れ子になった二つのお椀からできています。
「まり椀」「秀衡椀」・・・、故奥田達朗氏の志を継ぐ漆器のひとつです。

大きな方(一の椀)が飯椀、小さな方(二の椀)が汁椀として使われてきたのですが、冷素麺に、スープとサラダのランチに、お雑煮に、いろいろに使っていただけます。

今年は「朱」も仲間入り。
現在、コーディネイトを準備中です^^

お正月の道具

https://item.rakuten.co.jp/yobi/fuku_2021_natsu/

■お店へお越しくださるお客様へ

ご来店の際、お客様にはマスク着用、入り口にて手指の消毒のご協力をお願いいたします。店頭にて手指消毒液をご用意しております。
お客様とスタッフの健康と安全確保並びに感染拡大防止の為、ご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い致します。