井戸片口・有光武元

「使い込むと赤味を帯びて貫入が入り、古い井戸の肌のようになるそう・・・」

井戸といわれている焼物はもちろん朝鮮半島の土なのですが、萩と益田の中間地点の「須佐」に須佐唐津と呼ばれてよく似た感触の土が産出されていました。そのことを小林東五氏から教えていただかれた有光武元さんが、20年位前その土を手に入れられ、今回焼かれたものです。

須佐唐津は還元で焼かれていたもので色は青っぽいグレーですが、有光さんは井戸風に仕上げてみたくて酸化の焔で焼いてみたとおっしゃいます。
使い込むと赤味を帯びて貫入が入り、古い井戸の肌のようになるそうで、形も良く、小鉢以外にもお酒を入れたりさまざまに使えそうです。
またその写真をお見せするつもりです。

工芸店ようび 店主 真木

今日は「苦汁(にがり)の日」。

ご存知、豆腐を固めるのに使われる苦い汁。
ご飯・味噌汁・漬物・煮物などに数滴加えるとコクが出るとか。
お試しください^^

こちらは、久しぶりにご案内できます。
有光武元さんから、井戸の片口です。

愛らしい片口は、鉢にも酒器にお使えるすぐれもの。
末永く育ててくださいませ!(^^)/

有光武元

■お店へお越しくださるお客様へ

ご来店の際、お客様にはマスク着用、入り口にて手指の消毒のご協力をお願いいたします。店頭にて手指消毒液をご用意しております。
お客様とスタッフの健康と安全確保並びに感染拡大防止の為、ご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い致します。