漆器:千鳥蒔絵黒糸目椀・尚古堂・竹田省

「心地よく美しい・・・」

千鳥蒔絵黒糸目椀

ようびでお願いしている椀の内、一番薄い椀です。これほど薄くなると、強度の問題もあって糸目にする必要があります。素地の時は指で押すとこわい程ひわるのですが、とても心地よく美しいので輪島の尚古堂さんに長年造っていただいている椀でございます。

この度は内側に千鳥紋の蒔絵をしてみました。千鳥は季語からすると冬の鳥なのですが、涼を感じさせるものとして雪などと同じように夏に用いることが多いものです。(千鳥とは多くの鳥という意味で、数多く群をなして飛ぶのでそう呼ぶのですが、イカルチドリ、コチドリ、ムナグロなどと美しい鳥が多く、日本では12種類ほどが古来千鳥と呼ばれています。)

金の蒔絵には本金の粒を用いていますので、金の価格の世界的な高騰でとんでもない価格になってしまい、思い切った華やかなものが造れなくなってしまっています。これは蓋にも一面に文様をつけて、それでもかなり美しいものになりました。

志野片口

お酒の銘柄が尊ばれるようになって、机の上に出す酒器は片口が多くなってきました。瀧川恵美子さんのこのセンスのよい形の片口は、お酒の値打ちまで上げるようです。

涼しい藍の盃をそえて。

工芸店ようび 店主 真木

暑い日が続きます。

エアコンを上手に使って、おうち時間を愉しむしか・・・です。
目一杯、愉しみましょう!^^

こちらのお椀は、すーいすいと飛び交う千鳥が椀の内側に。

蓋の裏側にもすーいすい。

古風で愛らしい千鳥が、夏の一時、涼を運んでくれています。

千鳥蒔絵黒糸目椀

■BSプレミアム103の「美の壺」

10月30日19時30分から、BSプレミアム103の「美の壺」に工芸店ようびの店主が出演します!

先月撮影も無事終了し、いよいよ放映を待つばかりです。
ご期待くださいませ!^^



■お店へお越しくださるお客様へ

ご来店の際、お客様にはマスク着用、入り口にて手指の消毒のご協力をお願いいたします。店頭にて手指消毒液をご用意しております。
お客様とスタッフの健康と安全確保並びに感染拡大防止の為、ご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い致します。



■ブログ投稿のお知らせメールの不具合

先日より、『和食器ブログ』の投稿お知らせメールのタイトルが文字化けしています。
修正に手間取ってしまっていて、いまだ文字化け中です。
ご迷惑をおかけしています。
本文は読んでいただけますので、修正まで今しばらくお待ちくださいませ。