白磁(天草陶石):白瓷網目透かし彫飯碗・海老ヶ瀬保

「それでもやってみたい仕事だったのだそうです。」

天草陶石ならではの陰影を活かして、外側と内側を違う方向に彫り網目に見えるという作者ご自慢の飯茶碗です。

天草陶石は工作がしにくく、しのぎを入れている間に穴が開いたりゆがんだり難作業だと作者はいいつつ、それでもやってみたい仕事だったのだそうです。少し高めの価格はお許しください。

工芸店ようび 店主 真木

暑い日が続きます。

天草陶石の白の飯碗に、夏を爽やかに乗り切ろうとみょうがを合わせてみました(o^^o)

炊きたての御飯にまぜるだけ、トッピングを多めにするだけのしゃきしゃきみょうがご飯です。
味は、いただく時に粗塩をパラパラと。
ご飯をすし飯にしても良いかもしれません^^

海老ヶ瀬保

■お店へお越しくださるお客様へ

ご来店の際、お客様にはマスク着用、入り口にて手指の消毒のご協力をお願いいたします。店頭にて手指消毒液をご用意しております。
お客様とスタッフの健康と安全確保並びに感染拡大防止の為、ご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い致します。