染付枯木に鳥図皿・正木春蔵

「正木さんの感覚と技倆のたしかさを実感しました。」

何時どこで見たのか忘れてしまったのですが、この本歌を見た時、何て魅力的な図柄だろうと思いました。先日ある雑誌でこのお皿が載っていて、すぐに正木さんにお願いしてみました。何ともユーモラスな枝の形、しみの様にある文様が梅の木であることを示しています。泊まっているのは大きな鳥、嘴の形からすると猛禽類ではない様ですが、何かを狙っている様な鋭い目をしています。

桐の木の花が咲く頃、葉と花の様子が「桐の紋」はここから出来たと思わせる瞬間があります。その紋を配して梅の花はもう咲き終わったことを示し、夏にかかる頃の生物、皆、元気な様子なのかと思いつつ、正木さんの感覚と技倆のたしかさを実感しました。生地は少しよごし手になっていますのもさすが、と思った次第です。

工芸店ようび 店主 真木

正木春蔵さんの古九谷の写しが再入荷しています。

鳥がとまっているのは桐の木。
中国では、鳳凰がとまる木と言われているのだそうですが、日本では、日本国政府の紋章が桐だったりします。
花はちょうど今頃。
薄紫色の花を房のようにたくさん咲かせていました^^

高級な桐のタンスは虫を寄せつけないことで知られていますが、日本の古い風習では、女の子が生まれたら桐の苗木が植えられたそうです。
ちょうど女の子が成人してお嫁に行くころ、立派に育った桐で嫁入りダンスを作るからだそう。

桐の逸話は他にもあります。
一枚のお皿から、いろいろに思いを馳せて・・・^^

太閤桐

太閤桐

五七の桐

五七の桐

正木春蔵

Yahooショッピング店がオープン!

Yahooショッピングにもお店がオープンしました。
Tポイントやpaypayが利用できます。

ご利用下さいませ(^^)/

■お店へお越しくださるお客様へ

ご来店の際、お客様にはマスク着用、入り口にて手指の消毒のご協力をお願いいたします。店頭にて手指消毒液をご用意しております。
お客様とスタッフの健康と安全確保並びに感染拡大防止の為、ご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い致します。