京焼:銹絵花形向付・伏原博之

鉄絵だからでしょうか、はかなげで優しい風景です。

糸桜を鉄絵だけで画いた瀟洒な京焼を「辻留さん」でお使いになられているのを見て、伏原さんに一生懸命に映していただいてみました。かなりよいものになったと思っています。

京焼は出来た当初から普段使いのものというより華やかでぜいたくなものというイメージなのですが、この洗練度はやはり京のもの、その華やかさのもっと先にあるものなのでしょう。うれしい春の向付です。

鯛などのやさしい色の薄造りや春のあえものなど盛られてたのしんでいただきたいと思います。

工芸店ようび 店主 真木

伏原博之さんからしだれ桜の向付です。
今年も作っていただきました^^

桜の花の形のうつわに描かれているのも桜。
鉄絵だからでしょうか、はかなげで優しい風景です。

「辻留 月々の趣向料理(辻 嘉一)」の本歌には、鯛の薄作りが。
桜鯛の季節です(o^^o)

辻留 月々の趣向料理

■BSプレミアム103の「美の壺」

10月30日19時30分から、BSプレミアム103の「美の壺」に工芸店ようびの店主が出演します!

先月撮影も無事終了し、いよいよ放映を待つばかりです。
ご期待くださいませ!^^



■お店へお越しくださるお客様へ

ご来店の際、お客様にはマスク着用、入り口にて手指の消毒のご協力をお願いいたします。店頭にて手指消毒液をご用意しております。
お客様とスタッフの健康と安全確保並びに感染拡大防止の為、ご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い致します。



■ブログ投稿のお知らせメールの不具合

先日より、『和食器ブログ』の投稿お知らせメールのタイトルが文字化けしています。
修正に手間取ってしまっていて、いまだ文字化け中です。
ご迷惑をおかけしています。
本文は読んでいただけますので、修正まで今しばらくお待ちくださいませ。