「菓子皿として和洋両方に使っていただける重宝なものです。」

漆器:雷紋皿・奥田志郎

5.5寸という寸法は、銘々皿としてはゆったりとした大きさで、菓子皿として和洋両方に使っていただける重宝なものです。また、ちょっとした先付を三種盛りにしたり、主菓子と干菓子を盛り合わせて華やかさを出したりしてみるのも楽しいでしょう。大ぶりで大胆な縞文様の湯呑を合わせてすっきりと。

雷紋は、奥田達朗さんが持っていた古い塗物です。きっぱりと美しく、稲光なので雷紋としました。干菓子は川舟と青もみじ(店主の姉が作っていますもの)、主菓子は菊寿堂さんの夏の銘菓・葛ふくさです。

黒の銘々皿にはこれも大阪名代の高岡福信さんの「かすていら」古いお店らしい少し古風な味です。

工芸店ようび 店主 真木

奥田志郎さんから、雷の銘々皿です、

「雷」といえば夏の季語。
入道雲から雷鳴が轟き、いきなりの大雨に・・・。

一方で、秋の雷の季語に「稲妻」があります。
稲妻が多いとお米が豊作になるといわれてきたそうです。
今年はどうでしょうか^^

雷紋皿

■Rakutenお買い物マラソン!

9月26日(土)深夜1時59分までです。
ご利用くださいませ!

■お店へお越しくださるお客様へ

ご来店の際、お客様にはマスク着用、入り口にて手指の消毒のご協力をお願いいたします。店頭にて手指消毒液をご用意しております。
お客様とスタッフの健康と安全確保並びに感染拡大防止の為、ご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い致します。