ガラスと土物、京焼、染付、形も大きさも高さも全て違うという日本食の基本的な考え方の取り合わせです。

サラダボールとして青、緑、クリアーと三種作りました。このグリーンのボールはおそうめんを入れると美しくさわやかです。

杉本寿樹さんの角皿には、お葱と茗荷、ロースハムを入れました。紫陽花の小皿(伏原博之作)は梅干しを小さくちぎって薬味にしていただくとさっぱりいたします。正木春蔵さんの水草紋湯呑(小鉢)をそうめんつゆ入れにしてあります。

ガラスと土物、京焼、染付、形も大きさも高さも全て違うという日本食の基本的な考え方の取り合わせです。

工芸店ようび 店主 真木

数日晴天が続きます。
そして、お約束通り、30℃越えの毎日・・・(≧∇≦)

素直に、お昼はシンプルに冷やし素麺がいただきたくなります。

ということで、
今年の冷やし素麺のコーディネイトをさっそくご提案です。

たっぷりの素麺にぴったりの「大鉢・モール入・植木栄造」に、
薬味がたっぷり盛り込める「縁呉須角小鉢・杉本寿樹」を選びました。

薬味がたっぷりだと、サラダ感覚で冷やし素麺がいただけます(o^^o)