藤塚光男さんのエキゾチックな栗シリーズ

飯碗・栗文・藤塚光男

秋の恵み、栗の絵の七寸皿、五寸皿、飯茶碗・大小が藤塚さんから参りました。

「李朝染付の絵を少しアレンジしました」と作者、やはり伊万里の染付とは違う趣です。この柔らかな李朝染付をうまく自分のものとしていらっしゃる、この方の人気の秘密がそこにあると思います。栗の季節のみでなく、デフォルメした栗の姿は「実」が成ることへのめでたさとして、いつもお使いいただけるものではないでしょうか。

工芸店ようび 店主 真木

今日は「柿の日」です^^

正岡子規が「柿食へば鐘が鳴るなり法隆寺」と詠んだのが、1895年のこの日だったから。

柿と言えば、こちらもご存知、「桃栗三年、柿八年」。
「何事も成し遂げるまでには相応の年月が必要だ」というたとえ。

桃、栗と柿だけでなく、他にもいろいろあるそうです。
「ユズは9年でなりさがる ナシの馬鹿めは18年」などなど。

さて、
桃栗三年の「栗」です。

今回は、飯碗。
藤塚光男さんのエキゾチックな栗シリーズは、中皿、小皿、そして飯碗でした!^^

藤塚光男

■蔵出し企画

【現品限り!】の付記されている植山昌昭さんのうつわを一割引きでご提供させていただきます。

10月1日(土)11時から。
ご利用くださいませ!^^