唐草になってふんわりのびやかな印象です

牡丹唐草5寸皿・藤塚光男

朝からしとしと雨の大阪です。

「穀雨」。
恵みの雨ですね。

「穀雨」と言えば、牡丹。

奈良の長谷寺では、7千株の牡丹の花が参拝者を迎えてくれます。
今年は、やはり少し開花が遅いそうです。

昨日の特集「初夏の夕餉(ゆうげ)」いかがでしたでしょうか。

取り皿に選んだのは、藤塚光男さんの「牡丹唐草」。

こちらは、藤塚光男さんにずっと作っていただいている工芸店ようびオリジナルのお皿です。

青味を帯びた肌に淡い呉須で描かれた牡丹。
唐草になってふんわりのびやかな印象です^^

藤塚光男

■BSプレミアム103の「美の壺」

10月30日19時30分から、BSプレミアム103の「美の壺」に工芸店ようびの店主が出演します!

先月撮影も無事終了し、いよいよ放映を待つばかりです。
ご期待くださいませ!^^



■お店へお越しくださるお客様へ

ご来店の際、お客様にはマスク着用、入り口にて手指の消毒のご協力をお願いいたします。店頭にて手指消毒液をご用意しております。
お客様とスタッフの健康と安全確保並びに感染拡大防止の為、ご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い致します。



■ブログ投稿のお知らせメールの不具合

先日より、『和食器ブログ』の投稿お知らせメールのタイトルが文字化けしています。
修正に手間取ってしまっていて、いまだ文字化け中です。
ご迷惑をおかけしています。
本文は読んでいただけますので、修正まで今しばらくお待ちくださいませ。