投稿

梅干しを作る時季ですね。梅ジャムも!

8.5×4.5寸長角皿・緑・杉本太郎|和食器の愉しみ・工芸店ようび
8.5×4.5寸長角皿・緑・杉本太郎

一昨日は梅干し入りのおにぎりの話題でしたが、二十四節気では、芒種は末候「梅子黄(うめのみ き なり)」。梅の実が黄色く熟す・・・頃です。

梅干しを作る時季ですね。梅ジャムも!
また、口の中がずっぱくなってきました^^

 

さて、引き続き、杉本太郎さんから新作「8.5×4.5寸長角皿・緑」です。

長角皿の中でも、26cmほどある大きめの寸法です。大きめの笹ガレもこの通り余裕で盛りつけられます。
釉薬の掛かり方、溜まり方、硝子質の表面などなどで、複雑な表情を魅せてくれているこの「緑」は、すっかり人気シリーズとなりました(^^)/

 

杉本太郎

復興への祈り

「あっ、いいな!」で気軽にクリック!ё.ё
ありがとうございます!

にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ

庶民の味、庶民の味方、イカナゴとかまずごの季節です。

6×4寸長角皿・緑・杉本太郎|和食器の愉しみ・工芸店ようび
6×4寸長角皿・緑・杉本太郎

雨が寒さを引き戻してきました。
でも、春は一歩ずつ前に・・・です。雪の下から、もう蕗の薹が顔を出し始めています。

そして、関西の海は、庶民の味、庶民の味方、イカナゴとかまずごの季節です。
食べ方はいろいろですが、やはり焼きたてに生姜醤油です!

盛ったのは、杉本太郎さんから新作、「緑シリーズ」(←いつの間にか、シリーズになるほど種類が増えました!^^)から「6×4寸長角皿・緑」です。焼き魚がよく似合います!

杉本太郎

復興への祈り

「あっ、いいな!」で気軽にクリック!ё.ё
ありがとうございます!

にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ

スタートには、遅すぎるってないようです(^^)/

小紋角皿・22×14cm・杉本太郎:和食器の愉しみ・工芸店ようび
小紋角皿・22×14cm・杉本太郎

今日は「お稽古の日」。「芸事は6歳の6月6日から始めると上達すると言われていることから」だそうです。6歳は、ずいぶん遠くになりましたが、今日、何か始めてみるのは良いかもしれません。
スタートには、遅すぎるってないようです(^^)/

さて、杉本太郎さんの新作、小紋シリーズをご案内してきましたが、今日で、一段落です。
(また、新しく違う「小紋」を作っていただくかもしれませんが。)

最後にご案内するのは、長角皿二種です。ひとつは、「8寸長角皿・横縞」とおなじ形を小紋にしていただいたもの、そして、もう一つは、短くした新しい形になります。

杉本太郎

復興への祈り

「あっ、いいな!」で気軽にクリック!ё.ё
ありがとうございます!

にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ

すっきり夏らしい新作です!

8寸長角皿・杉本太郎
8寸長角皿・杉本太郎

梅雨の晴れ間の関西です。暑くなりそうです。

杉本太郎さんのうつわをご案内してきましたが、いかがでしたでしょうか。お陰様で完売のものも多くなってきましたが、人気のあるものから再発注もしていますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

そして、こちらは新作です。「6.5寸長角皿」を長くスマートにした形は、色も青系ですっきりした印象です。焼き魚も似合いますが、おいなりさんも美味しそうですね!

杉本太郎

復興への祈り

錫器


よろしければ
お友達へおすすめクリックお願いいたします♪

ビードロのゆらぎ・・・

灰釉ビードロ長方皿・小・有松進
灰釉ビードロ長方皿・小・有松進

ビードロ釉が自在に掛けられた軽快な長方皿。「小」が新登場です。

ビードロシリーズも種類がたくさんになってきました。春から夏を中心に作っていただいているのですが、すべてが一堂に揃うことが難しくなってきましたA^^;)
こちらも「小」が新しくやって来たのですが、「灰釉ビードロ長方皿」はちょうど完売に・・・。お好きなサイズをお選びいただけないのが本当に残念です。

ビードロのシリーズは、窯内の微妙な温度などで、ビードロ釉の色が、黄から緑、青まで様々で決して一定にはなりません。その微妙な色合いこそが味・・・。でも、好みのビードロのイメージありますよね。お好きな色合いに出会った時が、お求め時です!

ビードロシリーズ。その中の「おせんべい」とご案内している◎シリーズに「灰釉ビードロ3.5寸皿」が仲間入りしました。

有松進

萌葱色の愛らしい小皿は、春から初夏、大活躍してくれます。

色絵綾文皿・小・須田菁華
色絵綾文皿・小・須田菁華

残念ながら、焼きたてが撮影できなかったので、美味しさを伝えきれていませんが、こちらのさわらの味噌漬けは、工芸店ようびのお得意先のお店で作っていただいたものです。昨年ちょうど10回お届けした「一汁一菜」は、店主が多くの料理を自ら作るのですが、時々この回のようにお得意先のご協力を得ながら、美味しく愉しく進めさせていただいています。もちろん、どの料理もご家庭で作っていただけることが基本になっていますので、是非、挑戦してみて下さいませ。

引き続き、「一汁一菜」から綾文の小皿のご案内です。萌葱色の愛らしい小皿は、春から初夏、大活躍してくれます。
こちらは、一回り大きな「色絵綾文皿・大」もございます。「大」とありますが、「小」より縁がある分大きくなっていて、6寸ぐらいです。縁があるのでジューシーなお料理も盛りつけられます。どちらも昨年末に久しぶりにやって来てくれました。今なら数が十分ございます!

 

一汁一菜