投稿

ビードロがアクセント!

伊賀釉六角箸置・吉住章
伊賀釉六角箸置・吉住章

伊勢神宮の「遷御」の日程が決まったことが、新聞に掲載されていました。具体的には、「遷御の儀」が10月2日に内宮、5日に外宮で行われるそうです。

ご存知でしょうか、「遷御の儀」。20年に一度、社殿などを造り替え、ご神体を新殿に移す儀式のことです。飛鳥時代の天武天皇が定め、1300年続いています。714種1576点の装束神宝も古式のままに新調されるそうです。古来の伝統を受け継ぎ守る・・・。日本の底力を感じます。

さて、吉住章さんから箸置が再入荷です。今回の窯出し分は緑が深い風景です。お見逃しなく!

2月28日17時のご注文まで、3月3日に配送させていただきます。 備考欄に配送希望日をご記入くださいませ。

お茶時間

復興への祈り

「あっ、いいな!」で気軽にクリック!ё.ё
ありがとうございます!

【一汁一菜】炎暑の献立

【一汁一菜】お味噌汁中心の食事
【一汁一菜】お味噌汁中心の食事

炎暑の八月、心身共に疲れてくる頃です。
お味噌味のつゆで冷や汁のようにしてのおそうめんはいかがでしょうか。
焼き茄子ときゅうりとおねぎ、生姜などを入れながら冷たくしたおそうめんをいただくとさっぱりいたします。

後略・・・。

工芸店ようび 店主真木

食欲も少し無くなってくる頃かもしれませんが、明日は立秋です。立秋を過ぎると暑さの中に、少しだけひんやりを感じられる・・・と期待しましょう!もう一踏ん張りです。

お待たせいたしました!「炎暑」の一汁一菜です!ご一読下さいませ。

冷やし素麺は、身体のために、野菜とタンパク質をきちっと摂れるような献立がおすすめです!

一汁一菜

昔の人は偉いです。

黒8寸正方雪才・奥田志郎
黒8寸正方雪才・奥田志郎

奥田志郎さんが久し振りに八寸の雪才盆をつくって下さいました。今度は縁に親指がきっちりとかかり安定した形に仕上がっています。
「お茶と急須をのせてお茶をいただくとき、お客様のお茶とお菓子、こんな使い出(遣い出)のあるものはありませんね。昔の人は偉いです。」とあまり御自分の作品に対していろいろと使い方などおっしゃらない方なのに大変おすすめでした。
確かに茶の子盆と云ってお茶とお菓子とか、ちょっとした替盆がわりとかさまざまの使い方が出来、大変重宝な寸法に出来ているものです。いつでも身近に置いていろいろに使っていただきたいものです。二、三枚重ねておいてもじゃまにはなりませんし、使えば使う程にこの重宝さが活きてくる道具です。黒、本朱どちらかはお好みです。

工芸店ようび 店主真木

「バレンタインデー」の特集に、「金線モーニング碗皿・大倉陶園」にあわせてそっとご案内したのが、こちらのお盆です。久しぶりに、さらに良いものとなってやって来てくれました!いろいろにいろいろにお使い下さいませ!

お茶の時間

保存保存

【一汁一菜】節分に初午!

一汁一菜 お味噌汁中心の食事 No.12 白玉だんご
一汁一菜 お味噌汁中心の食事 No.12 白玉だんご

初午の日には稲荷ずしを食べる。まるで年中行事の様にそう思って来ました。どうして?などと考えずに。初午はお稲荷さん(神社)のお祭りで、節分を過ぎて初めての午の日に行われます。今年は節分と重なります。
どうしてイナリずしかしら?・・・後略

工芸店ようび 店主真木

2月になりました。荒れ模様の日本列島、いかがお過ごしでしょうか。寒さに負けず一休み、一休み!
2月最初の「一汁一菜」は白玉だんごのお味噌汁にお稲荷さんです。お稲荷さんも美味しいですが、白玉だんごと白味噌の相性は抜群です。是非「上等」な白味噌でお試し下さいませ。
一汁一菜

立春まであと一週間です!

雅造吉皿・大・福森雅武
雅造吉皿・大・福森雅武

立春まで、あと一週間です!寒さも後一踏ん張り・・・でしょうか。

こちらは、土楽窯の当主、福森雅武さんの「大吉」の中皿です。そうなんです、お稲荷さんの下に書かれた文字は「大吉」!次回の「一汁一菜」の取り皿として登場します。ただいま準備中ですので、いましばらくお待ち下さいませ。

とてもおめでたいこちらの「雅造吉皿・大」には、小皿もございます。ずいぶん前ですが、鰻重のご案内でお漬物の取り皿としてご紹介したものです。そちらは「吉」の一文字。今ならお好きな方をお選びいただけます!

土楽

復興への祈り
よろしければ
お友達へおすすめクリックお願いいたします♪