冷や奴から湯豆腐へ・・・でしょうか。

一文字小茶托・奥田志郎
一文字小茶托・奥田志郎

今日は「豆腐の日」。
昨日から10月。豆腐も冷や奴から湯豆腐へ・・・でしょうか。

湯豆腐の適温は70℃。
目安としては、一度沸騰させた土鍋の火を消し、そこに豆腐を入れて蓋をして5分・・・だそうです。
80%が水の豆腐が、土鍋のお湯を適温まで下げてくれるのですね^^

 

湯豆腐におすすめの土鍋といえば、工芸店ようびオリジナル「青土鍋・土楽」ですが、今年は一回り大きな寸法でも作っていただきました。

茸の季節、湯豆腐にきのこたっぷり・・・も美味しいですね!

 

さて、こちらは、小皿にもなる「一文字小茶托」から「潤」です。

小さめな茶托は、湯呑みの居場所にちょうど良い感じです^^

土鍋

一文字小茶托・奥田志郎

「あっ、いいな!」で気軽にクリック!ё.ё
ありがとうございます!

にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ

太陽が黄経80度の点を通過する日・・・

欅4.6寸薄挽茶托・刷毛錆黒消・守田漆器|和食器の愉しみ・工芸店ようび
欅4.6寸薄挽茶托・刷毛錆黒消・守田漆器

6月11日は入梅。えっ?ですね。この「入梅」は暦の上での「入梅」です。
同じ雑節のひとつの「八十八夜」は立春から数えて88日目。

で、「入梅」はというと、太陽が黄経80度の点を通過する日だそうで、そんなデジタルな・・・とも思いますが、農家さんにとっては田植えのスケジュールを決める大切な雑節だそうです。

 

さて、夏の名脇役になってくれること請け合いの茶托のご案内です。

夏の茶托・・・というわけではありせんが、軽さ、刷毛目のおおらかさ、そして渋い黒が、たっぷりに注がれた汲出を涼しげに、そして懐深く受けとめてくれます。

もちろん、汲出も、陶磁器からガラスまで何でも似合います!^^
 

茶托

復興への祈り

「あっ、いいな!」で気軽にクリック!ё.ё
ありがとうございます!

にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ

いつもの湯呑もすまし顔!

金箔欅四寸二分筋目茶托・透漆・奥田志郎・山本哲
金箔欅四寸二分筋目茶托・透漆・奥田志郎・山本哲

桜が咲くには、暖かくなる前に寒さが必要・・・と聞いたことありませんか。先日、桜で有名な大阪城公園に、小さな桜が何本か植樹されていたのですが、小さな枝に付いていた数少ない桜の花がすでに満開でした。寒い地方からやって来てくれたのですね、きっと!と想像が膨らみます。
美しい桜の季節を迎えるには、寒さは我慢我慢A^^;)

今日ご案内するのは、「紅白梅紋切立湯呑・伏原博之」の下に敷かれた茶托です。

「欅四寸二分筋目茶托・透漆仕上」に山本哲さんに金箔をほどこしていただきました。
山本哲さんの金箔と言えば、シンプルなのは、「六五重・丸文金箔付」が人気ですね。工芸店ようび定番のお重箱「六五重」が、丸い箔があるだけではんなりした美しさがプラス。それが、決して派手すぎず、日常のお重箱としても気軽に使えるから素敵です。

その素敵な「効果」がプラスされたのが、こちらの茶托です。お正月にも普段にも、茶托にも湯呑にも気軽に使っていただけます。まず、お正月の茶托として、デビューさせてみませんか。

ただいま「一汁一菜」準備中です! あわせて、クリスマスにぴったりの・・・も準備中!ご期待下さいませ!

お正月の道具

いつもの湯呑も少しおすまし・・・

京唐津ちどり湯呑・吉井史郎筒湯呑・斜め格子市松文・植山昌昭白長石呉須麦わら湯呑・杉本寿樹染付釘彫むぎわら文湯呑・須田菁華縞湯呑・杉本太郎天啓文しのぎ湯呑・九谷美陶園天啓文しのぎ湯呑・九谷美陶園拭漆八角小皿・野田とし子

お待たせいたしました!木のぬくもりを存分に感じさせてくれる、軽くシンプルな「八角小皿」が久しぶりにやってきました!

工芸店ようびと長くおつきあいくださっている方はご存知の通り、「八角小皿」とありますが、工芸店ようびでは、「茶托」としておすすめしています。無くてもよいのかもしれませんが、茶托があれば、いつもの湯呑も少しおすまし、おもてなしの日にはおすすめです。

上の「拭漆八角小皿」が添えられている写真は、それぞれの湯呑にリンクしています。今なら在庫がございますので、湯呑の方もお見逃しなく!

お茶時間

復興への祈り
よろしければ
お友達へおすすめクリックお願いいたします♪

少し細身の女性の手になじみやすい湯呑です!

織部横縞文湯呑・有松進
織部横縞文湯呑・有松進

引き続き、湯呑の新作のご案内です。

少し細身の女性の手になじみやすい湯呑・・・をお探しの方にお勧めです。織部釉の流れる動きが面白い湯呑です。少し厚みがありますが、とても軽い仕上がりです!

有松進さんの湯呑といえば「灰釉しのぎ湯呑・ビードロ・有松進」が人気です。釉薬のかかり方や還元のかかり方などで様々な様子を魅せてくれるビードロの湯呑ですが、不思議と時々で好まれるタイプが変わります。現在は、全体が青みがかった方に在庫がございますので、ご検討下さいませ。

土瓶蒸し

復興への祈り
よろしければ
お友達へおすすめクリックお願いいたします♪