デザート用テーブルマット30×22.5cm・三角屋

まだこんなお仕事をしていらっしゃる方があるのかと感心した次第です。

冷や奴から湯豆腐へ・・・でしょうか。

一文字小茶托・奥田志郎
一文字小茶托・奥田志郎

今日は「豆腐の日」。
昨日から10月。豆腐も冷や奴から湯豆腐へ・・・でしょうか。

湯豆腐の適温は70℃。
目安としては、一度沸騰させた土鍋の火を消し、そこに豆腐を入れて蓋をして5分・・・だそうです。
80%が水の豆腐が、土鍋のお湯を適温まで下げてくれるのですね^^

 

湯豆腐におすすめの土鍋といえば、工芸店ようびオリジナル「青土鍋・土楽」ですが、今年は一回り大きな寸法でも作っていただきました。

茸の季節、湯豆腐にきのこたっぷり・・・も美味しいですね!

 

さて、こちらは、小皿にもなる「一文字小茶托」から「潤」です。

小さめな茶托は、湯呑みの居場所にちょうど良い感じです^^

土鍋

一文字小茶托・奥田志郎

「あっ、いいな!」で気軽にクリック!ё.ё
ありがとうございます!

にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ

太陽が黄経80度の点を通過する日・・・

欅4.6寸薄挽茶托・刷毛錆黒消・守田漆器|和食器の愉しみ・工芸店ようび
欅4.6寸薄挽茶托・刷毛錆黒消・守田漆器

6月11日は入梅。えっ?ですね。この「入梅」は暦の上での「入梅」です。
同じ雑節のひとつの「八十八夜」は立春から数えて88日目。

で、「入梅」はというと、太陽が黄経80度の点を通過する日だそうで、そんなデジタルな・・・とも思いますが、農家さんにとっては田植えのスケジュールを決める大切な雑節だそうです。

 

さて、夏の名脇役になってくれること請け合いの茶托のご案内です。

夏の茶托・・・というわけではありせんが、軽さ、刷毛目のおおらかさ、そして渋い黒が、たっぷりに注がれた汲出を涼しげに、そして懐深く受けとめてくれます。

もちろん、汲出も、陶磁器からガラスまで何でも似合います!^^
 

茶托

復興への祈り

「あっ、いいな!」で気軽にクリック!ё.ё
ありがとうございます!

にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ