【一汁一菜】少し秋めいた装いにして秋風を呼んでみませんか

一汁一菜
一汁一菜 お味噌汁中心の食事
File No.3 わかめ、葱

まだまだ暑い日々ですが、少し秋めいた装いにして早く秋風を呼んでみようではありませんか。そんな気持ちのお膳組です。
お味噌汁は夏は少し辛目でうすく仕上げ、寒い時ほど味の淡い味噌をたっぷりと用いるのがよろしいでしょう。一般に色の濃い味噌は辛く白味噌などは甘目でどろりとしていますので、・・・後略

工芸店ようび 店主真木

今年のお盆は、帰省の方がいつもの年より多かったそうです。田舎で懐かしい味に再会されましたでしょうか。
お届けしている「一汁一菜 お味噌汁中心の食事」も、関西の懐かしい味がたくさん登場します。のんびりお愉しみいただきながら、時々作って味わっていただければ幸いです。

今回は、さっそくですが、久しぶりに入荷してきた「黒まり椀」をお味噌汁椀に、そして、こちらも久しぶりの入荷となった正木春蔵さんの「染付葡萄図向付」をおかずのうつわに使いました。初秋にぴったりのコーディネイトになりました!

一汁一菜

毎日毎日変化がある・・・糠床作りの醍醐味です!

色絵鉢・山城建司
色絵鉢・山城建司

今糠床の中の塩分がきつめなので、連日の白うりもお塩をせずに漬けています。
お塩をしないで漬けると、より糠風味が前に出てきて、その時の糠床の状態によりピクルスっぽくなったり、お出汁で炊いたおかずっぽくなります。
お塩をして漬けると、塩分が前に出て、いわゆるお漬物らしいお漬物になります。
で、味はどうでしたか?

糠床番長

撮影後いただきました!味はさわやか!でした。
「一汁一菜 お味噌汁中心の食事」の主役の一つがお漬物です。今回も献立にあわせて糠床番長に胡瓜のぬか漬けを作ってもらいました。上記は、現在の工芸店ようびの糠床状況です。毎日毎日変化がある・・・糠床作りの醍醐味ですね。糠床生活始めませんか。

糠床日記 ←ほぼ毎日更新中!

あわせた鉢は深さのある「色絵鉢・山城建司」です。偶然ですが、胡瓜の緑にラディッシュの赤と色絵鉢の格子が一緒でした!土ものなのに愛らしいですね。

一汁一菜

復興への祈り

よろしければ
おすすめクリックお願いいたします♪

【一汁一菜】食卓の色って大変大切です。

一汁一菜
一汁一菜 お味噌汁中心の食事

 食卓の色って大変大切です。せっかく作ったものでも彩りよく盛らなくては、暑い時は食欲が湧いてまいりません。食器や小物、そして食べもの、取り合わせもすがすがしく生き生きと調えていただきたいものです。
・・・後略

店主 真木

「一汁一菜 お味噌汁中心の食事」の第二回は、夏おすすめの一汁一菜です。お味噌は、引き続き法林禅寺さんのお味噌です。こくとさわやかさが夏にぴったりですね。

味も・・・ですが、今回のテーマは、夏らしいすがすがしい彩りです。食材の選び方もそうですが、うつわ選びにもこだわるといっそうさわやかです!

一汁一菜

復興への祈り

よろしければ
おすすめクリックお願いいたします♪

一人でまるまる一つ食べられそう・・・

三島6.5寸浅鉢・吉井史郎
三島6.5寸浅鉢・吉井史郎

「一汁一菜」では、お漬物も貴重なごちそうであり栄養源です。スタートした「一汁一菜・お味噌汁中心の食事」では、ご存じ工芸店ようびの「糠床番長」が作るぬか漬けに登場願っています。
はじめは、おすすめ、レタスのぬか漬けです。一人でまるまる一つ食べられそう・・・まさにそんなぬか漬けです。

あわせた鉢は、吉井史郎さんの「三島6.5寸浅鉢」。浅鉢は余白を活かしやすく、少し多めのお漬物もきれいに盛りつけることができます。

一汁一菜 お味噌汁中心の食事

復興への祈り

奥田さんから野菜が届きました。

黒二つ椀・奥田志郎
奥田さんから届いた野菜・・・ごく一部

奥田さんから野菜が届きました。うすい豌豆、ほうれん草、キュウリ、空豆・・・。大きいのやらちいさいのやら・・・。やはり、少し季節が遅いようで、お豆がたくさん!です。新鮮なうちに・・・とほうれん草はさっそくお浸しに。今日は、新しいうつわと共にこちらの野菜も登場してもらいます。ただいま準備中!

奥田志郎様、漆器もいろいろ届けてくださいませ。気持ちを長く待ってます!(ファン代表)

土鍋でご飯

復興への祈り

これから「だし」本番ですね!

黒二つ椀・奥田志郎
黒二つ椀・奥田志郎

関西でも、ここ数年、山形のお肉や野菜やキノコがおいしくいただけるようになってきました。その一つが、こちらの「だし」です。ご存じない方のために・・・、「だし」は、キュウリや茄子などの夏野菜を細かく刻んだものに、同じく細かく刻んだミョウガやネギや紫蘇などの薬味をたっぷり混ぜ込んだ浅漬けのようなものです。関西の人間としては、昆布で粘りけがあって、あまり塩辛くないものが好きなのですが、ご家庭によって代々受け継がれた味があるのだと思います。これからの夏の必需品。「我が家の味」を作ってみたいと思います。
みなさんの「だし」のレシピもお聞かせくださいませ。

うつわは、おなじみ「二つ椀」です。小さな方に「だし」を入れて、大きな方には、白ご飯。炊きたてにたっぷり「だし」をかけて、ささっと簡単朝ご飯。写真の「だし」は少しすくなかったようです・・・。

土鍋でご飯

復興への祈り