井戸編笠中鉢・有光武元

井戸編笠中鉢・有光武元

「使い込むと赤味を帯びて貫入が入り・・・」

有光武元さんの井戸

井戸といわれている焼物はもちろん朝鮮半島の土なのですが、萩と益田の中間地点の「須佐」に須佐唐津と呼ばれてよく似た感触の土が産出されていました。そのことを小林東五氏から教えていただかれた有光武元さんが、20年位前その土を手に入れられ、今回焼かれたものです。

須佐唐津は還元で焼かれていたもので色は青っぽいグレーですが、有光さんは井戸風に仕上げてみたくて酸化の焔で焼いてみたとおっしゃいます。
使い込むと赤味を帯びて貫入が入り、古い井戸の肌のようになるそうで・・・後略

工芸店ようび 店主 真木

有光武元さんから井戸です。

すーっと立ち上がった姿の良い中鉢は、横に少し広がった楕円の形です。

明日は「梅干しの日」。
きれいな鰯が魚屋さんに並んでいたので、「鰯の梅煮」にしてみました。
梅干しの酸味が食欲倍増です。

楕円の形を生かして盛ってみたのですが、いかがでしょうか。
煮汁だっぷりでどうぞ。

有光武元さん width=

■夏季休業について

8月14日(日)から8月21日(日)まで夏季休業いたします。
おうち時間、お買い物も引き続きお楽しみくださいませ!