雅造三島手扇形向付・福森雅武

雅造三島手扇形向付・福森雅武

「とても美しいつややかな土物です。」

福森雅武先生の新作です。椿の木の灰釉がかかっていてとても美しいつややかな土物です。

福森さんは轆轤の名手で、気持ちの良い薄さに仕上がっています。大変盛り心地のよい深向付です。この様にお惣菜によし、またお刺身、和えものと何を入れても美しいものです。

お箸置は須田菁華氏の染付の魚、やはりよい青ですね。

工芸店ようび 店主 真木

土楽窯の当主福森雅武さんご自身が作られた向付です。

形は楽しい扇形。
御本手に椿釉の青のベールが、複雑で優しい風景を作り出しています。

盛ったのは、炒り卵とウスイエンドウ。
たっぷりめの針生姜で風味をプラス。

深さのある小鉢です。
中央にこんもり盛ると盛り映えします^^

雅造三島手扇形向付